東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士25人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV 出演、取材、執筆、番組の法律監修を常時受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

些細なことに心を奪われないようにしよう


2012年2月11日

キツネ君が朝起きてくると、妻が台所にいたので、妻に「おはよう」と挨拶をしたが、妻は、何も答えなかった。

キツネ君は「挨拶くらいしたらどうだ!?」と怒鳴ったが、妻は「あら?聞こえなかったわよ」と答えた。

キツネ君は、「聞こえないはずないじゃないか。わざと無視したに決まっている」とイライラしながら朝食を食べたが、イライラしていたので、味もよくわからなかった。

キツネ君は、家を出て、電車で会社に向かったが、混み合った車内で、隣の人がこっちを押してくるような気がした。

キツネ君は、朝のこともあり、気が立っていたので、負けずに押し返したところ、相手もまた押し返してきた。そんなことを繰り返しながら、ますますイライラしながら会社についた。

キツネ君が仕事の準備をしていたら、今日は弁当を持ってくるのを忘れたことに気がついた。

「ああ、なんてついてないんだ。妻も確認ぐらいすればいいのに!後で家に電話して、文句の一つも言ってやろう!」と、ますますイライラいがつのってしまった。

そんなことで、キツネ君は、頭に血が上ったままになってしまい、仕事に集中できず、ミスを犯し、さらにイライラしてしまった。

結局その日は、ろくに仕事らしい仕事ができなかったので、イライラしながら会社を出て家に帰った。

家に帰る途中も、「今日はついてなかった。もとはといえば、妻が朝挨拶をしなかったからだ。

もう二度と挨拶なんかするものか」と、今夜の家庭内の雰囲気も悪くなりそうなキツネ君だった。


シロクマ君が朝起きてくると、妻が台所にいたので、「おはよう」と挨拶したが、妻は答えなかった。

シロクマ君は、「聞こえなかったのかな?」と思い、もっと近くで「おはよう」とさわやかに挨拶した。

すると、妻は、ようやく聞こえたようで、「おはよう」と笑顔で挨拶を返した。

シロクマ君は、妻と会話を楽しみながら、朝食を食べ、会社に向かった。

混み合う電車内で、隣の人がこっちを押してくるような気がした。

シロクマ君は、「なんだろう?」と思ったが、気にしないでいた。

ところが、まだ隣の人がこちらを押してくるような気がした。奥の方に行きたいのかと思ったので、「こちらの場所の方が良かったら、場所を変わりましょうか?」とさわやかに聞いた。

すると、隣の人は、「あっ、すみません。さっきから当たってしまって。なんでもありません」と恐縮していた。

シロクマ君が会社に着くと、弁当を持ってくるのを忘れたことに気づいた。

シロクマ君は、すぐに妻に連絡して、弁当を忘れたことを謝り、昼に食べておくように伝えた。

そして、「せっかく外食するのだから、友人と食べよう」と思い、友人に連絡をして、昼食の約束をして、情報交換などしながら、楽しく昼食を食べた。

有益な情報を得ることができた。

シロクマ君は、1日中仕事に集中し、成果を上げ、帰宅した。よく働いてお腹がすいたので、夕食もたっぷり食べ、ぐっすり眠った。


普段、生活をしていると、日常生活の些細なことが気になったり、悩んだり、頭にきたり、することがあります。

しかし、それにより、もっと大事な仕事などが影響を受けてしまうことがあります。

しかし、その些細なことを思い悩んで、何か解決するでしょうか?

些細なことを思い悩むメリットがどこにあるでしょうか?

些細なことを思い悩まないで済ますデメリットは?

答えは、すべて「ノー」です。

いいことは何もありません。

フランクリンは、自分が守るべき13の徳目の11で、「平静」つまり、「小さなこと、つまり、日常茶飯事や、避けがたい出来事で心を乱さないこと。」をあげています。

それほど、普段から意識していなければ、日常の些細なことは、私たちの心を支配しやすく、また集中力を奪ってしまいます。

些細なことに心を奪われそうになったら、「ああ、また私の心を奪おうとしているな。いけない。いけない。どうせ些細なことだ」と思って、やり過ごしましょう。

肩肘張らず、些細なことを気に病むのはやめましょう。

その方が、ずっと幸せな生活を送ることができるでしょう。



読むか、行動するか?


2011年12月29日


今日も、私のメルマガから。



キツネ君は、大学を出て、ある会社に入社した。


ビジネスを憶え、将来は自分の会社を持ちたいと希望に胸をふくらませていた。


キツネ君は、勉強するためにビジネス書をたくさん読んだ。


仕事で他の人よりも抜きん出るために、仕事に関する本をたくさん読んだ。


すると、どの本も切り口は違っても、だいたい同じようなことが書いていることに気づいた。


「なんだ。この本に書いてあることは、先日読んだ、あの本にも書いてあったぞ。たいした本じゃないな」


そして、もっと良い本がないかと、他の本も読んでみた。


すると、また同じようなことが書いてあった。


キツネ君は思った。


「なんだ。みんな昔の本の焼き直しじゃないか。もっと独自性のあることが書けないのかな」


そして、また本を探しては読んでみるのだった。


しかし、やはりどれも同じようなことが書いてあった。


「結局みんな同じようなことが書いてあるな。あまり読んでも意味がないぞ」


そして、キツネ君は、本を読むのをやめてしまった。


キツネ君は、本を読むのをやめてしまったので、なかなかモチベーションも上がらず、仕事で他の人より抜きん出ることができなかった。


そして、いつまでも独立できず、いつまでもその会社で働き続けた。


シロクマ君は、キツネ君と同じ大学を出て、同じ会社に同期入社した。


ビジネスを憶え、将来は自分の会社を持ちたいと希望に胸をふくらませていた。


シロクマ君は、勉強するためにビジネス書をたくさん読んだ。


仕事で他の人よりも抜きん出るために、仕事に関する本をたくさん読んだ。


ある本では、「ビジネスで成功するには、目標を明確にし、そこから逆算して今すべきことを考えろ」と書いてあった。


そこでシロクマ君は、改めて目標を立て、そこから逆算して今すべきことを明確にした。


そして、それを実行した。


ある本では、「他人の立場にたって考えられる人が、ビジネスで成功する」と書いてあった。


そこで、シロクマ君は、営業の仕事に時に、「この人は、何を望んでいるのだろう?私が何をしてあげれば嬉しいと感じるだろう?」と一生懸命考えた。


そして、それを実行したら、顧客の信頼を得るととも、顧客のニーズにぴったりのサービスを提案できるようになり、営業成績がぐんぐんあがっていった。


シロクマ君は、本を読んだら、その本に書いてあることを、最低1つ、必ず実行することにしていた。


シロクマ君は、どんどん実力をつけ、会社内でも目立つ存在となり、どんどん昇進していった。


それでもシロクマ君は、勉強を続けた。


本を読み、その中に書いてあることを必ず実行し続けた。


ついにシロクマ君は、独立をはたし、自分の会社を持つことになった。


シロクマ君は、経営の本、マーケティングの本を読むようになった。


そこに書いてあることも、強い意志で、必ず実行するようにした。


失敗もあったが、シロクマ君の会社は、順調に発展していった。


そして、シロクマ君は最後に自分の本を書いた。


その本には、こう書いてあった。


「全ての人から、全ての本から学ぶことが重要だ。


しかし、もっと重要なことは、学んだことを実行することだ。」




私たちは、知識が増えてくると、シロクマ君ではなく、キツネ君になりがちです。


つまり、頭だけで考えて行動せず、単なる批評家になりがちです。


しかし、それでは、この物語のキツネ君に成り下がってしまいます。


シロクマ君のように成功したかったら、常に学ぶこと、そして、それを必ず実行に移すことです。


今週は、私のはじめての仕事術の本が出ます。

成功するための行動力について、書いています。


ぜひ、読んで、そして、行動に移していただければと思います。


同業の弁護士から「どうしてそんなに仕事ができるの」 と言われる私の5つの仕事術/谷原 誠

¥1,470
Amazon.co.jp


気分が乗るのを待ちましょう??


2011年11月15日

シロクマ君とキツネ君は、同じ高校に通っている高校生だ。

来年大学受験を控えている。

キツネ君は、頭はいいが、気分にムラがある。

母親が、「勉強しなさい」と言っても、「今は気分が乗らないんだ。気分が乗らない時に勉強しても、頭に入らないよ。やる気になれば、俺はできるんだから」と言って、昼間はゲームに夢中になっている。

そして、夜9時ころになると、「あっ、そろそろ勉強しないと、やばいな」と思い、焦りから、勉強を始めるのだった。

それでも、成績はそれなりだった。


シロクマ君は、頭はよくないが、努力家だ。


家に帰ると、すぐに教科書を開いて勉強を始める。

母親は、シロクマ君に「帰ったら少し休んだらどうなの?いきなり勉強しても、頭に入らないでしょう」と言うが、シロクマ君は、次のように言った。


「僕にはそんな余裕はないんだ。頭が良くないから、他人より多く勉強しなくちゃならない。気分が乗るのを待ってたら、いつまでたっても他人に勝てないんだよ」

母親は、これを聞いて、何も言えなくなってしまった。


月日が経ち、いよいよ大学受験になった。


誰が受かっただろうか?

キツネ君は、不合格だった。

キツネ君は、「自分はやろうと思えばいつでもできる」と自信満々だった。

しかし、毎日家に帰ると気分が乗らず、ゲームを続け、遅い時間になってようやく勉強を始める始末だったから、勉強時間が足りなかった。

他の人達の勉強時間の増加によって、成績が次第に落ちていった。


シロクマ君は合格した。


シロクマ君は、家に帰るとすぐさま勉強を開始した。大学に合格することが、自分が今すべきであることを知っていたからだ。



女流作家のパール・バックは、こう言っている。


「私は気分が乗るのを待ったりはしない。そんなことをしていては何も達成できないから。とにかく仕事に取りかかるのだという意識が必要なのだ。」


彼女は、愛娘の病気が悪化し、重度の知的障害をもつ子供となり、その世話に追われながら、偉大な作品「大地」を著し、ノーベル賞、ピューリッツァー賞を受賞した。

彼女は、もちろん、自分の気分など待ってはいられなかっただろう。

では、私たちは、自分の気分を待っていていいのだろうか?


それとも、目の前のやるべきことに、今すぐ取りかかるべきだろうか?


答えは、明らかだと思う。

さあ、今すぐ始めよう。


東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.