東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士25人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV 出演、取材、執筆、番組の法律監修を常時受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

危険な動物を逃がす罪とは?


2017年6月24日

今年(2017年)5月末、静岡県葵区の住宅地で体長約1メートルの大トカゲが目撃され、静岡中央署が注意喚起を呼びかけたという報道がありました。

この大トカゲは付近の住民がペットとして飼っていたもので、インドネシア産のコガネオオトカゲという種。
性格はおとなしく、人間には危害を加える恐れはないということですが、家の近所で突然そんなトカゲと遭遇したら…ちょっと怖いですね。

幸い6月6日には捕獲されたということですが、今回は危険な動物を逃がすと犯罪になる可能性がある、ということについて解説したいと思います。

「軽犯罪法」
第1条
左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

12 人畜に害を加える性癖のあることの明らかな犬その他の鳥獣類を正当な理由がなくて解放し、又はその監守を怠つてこれを逃がした者

 

本号は、「危険動物解放の罪」とも呼ばれるもので、ポイントとなるのは次の3点です。

①人畜に害を加える性癖
②正当な理由がなく
③解放、または監守を怠って逃がす

人畜とは、人や家畜のことです。
家畜とは、人間が利用するために繁殖、飼育をする動物で、イヌ、ネコ、
ウシ、ヒツジ、ヤギ、ブタ、ウマ、ニワトリ、アヒルなどをいいます。

条文に「害を加える性癖のあることの明らかな」とあるので、たとえば噛み癖のある犬やライオンなどの猛獣、また鳥獣類ではないですがコブラなどの毒ヘビやワニなども該当するでしょう。

正当な理由かどうかは、事件の発生状況や社会通念などに照らして判断されます。

また、危険動物を解放することは故意犯、監守を怠って逃がすことは過失犯になる可能性があります。

以上のことから考えると、飼い主の過失によって逃げ出した大トカゲでしたが、人間に害を加える恐れのない、おとなしい種類であり、人に危害を加えたわけでもなかったため軽犯罪法違反には問われなかった、ということになると思います。

ちなみに、実際このトカゲが人にケガをさせた場合は、刑法の「過失傷害罪」に問われる可能性があります。

「刑法」
第209条(過失傷害)
1.過失により人を傷害した者は、30万円以下の罰金又は科料に処する。
2.前項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

 

詳しい解説はこちら⇒
「犬を散歩させただけで、6300万円の賠償金を払う?」
http://taniharamakoto.com/archives/1872/

 

なお、ペットなどの動物は、法律上は「モノ」になるため、仮に発見者が「これは珍しい!」と捕獲して家に持って帰った場合は、「遺失物等横領罪」になるかもしれません。

第254条(遺失物等横領)
遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。

 

動物に関与する方は、このほか、「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)や、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」(鳥獣保護法)などもチェックしておきましょう。。

ペットなど動物の管理には十分気をつけましょう。

野次馬根性で犯罪者に?


2017年6月17日

毎日、世界中のどこかで、さまざまな災害や事故が起きています。

ちなみに、日本の法律である「災害対策基本法」では、災害を次のように定義しています。

「災害対策基本法」
第2条(定義)
一 災害 暴風、竜巻、豪雨、豪雪、洪水、崖崩れ、土石流、高潮、地震、津波、噴火、地滑りその他の異常な自然現象又は大規模な火事若しくは爆発その他その及ぼす被害の程度においてこれらに類する政令で定める原因により生ずる被害をいう。

 

これらは自然災害といわれるものですが、人為的災害としては次のものなどがあげられます。

・列車事故
・航空事故
・海難事故
・交通事故
・火災
・爆発事故
・石油流出
・化学物質汚染
・原子力事故
・テロ・戦争

さて、今回は災害について解説するわけではありません。
あなたが災害の現場にいた場合、こうした行為をすると犯罪になる可能性があります、ということについて解説します。

たとえば、あなたが自動車を運転していたところ、火災現場に遭遇したとします。
あなたは路上に自動車を駐車して、燃え盛る炎を見ています。

次々と、消防車や救急車が駆けつけています。

すると、前を通りかかった消防士に言われました。
「消火活動の妨げになりますから、ただちに自動車を移動してください」

しかし、あなたはその言葉を無視して火災を見続けていました。

しばらくすると、少し離れたところで消防士と警察官が話しているのが見えました。
二人はチラチラと、こちらを見ています。

そして、警察官があなたのほうに近づいてきて言いました。

「軽犯罪法違反ですので、警察署まで同行してください」

 

「軽犯罪法」
第1条
左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

8 風水害、地震、火事、交通事故、犯罪の発生その他の変事に際し、正当な理由がなく、現場に出入するについて公務員若しくはこれを援助する者の指示に従うことを拒み、又は公務員から援助を求められたのにかかわらずこれに応じなかつた者

 

本号は「変事非協力の罪」とも呼ばれるもので、何かの災害や変事の際に被害の拡大防止や被害者の救助などのために市民が遵守するべき最低限のことに対して、これに応じなかったり拒んだりすることを罰するものです。

今回の事例で考えると、火災現場での消火、救助活動について、公務員である消防士が協力を求めたにもかかわらず、これに応じなかったため軽犯罪法違反に問われた、ということになります。

たとえば、もっと間近で火事を見ようとして立ち入ってはいけない場所に入ろうとして、制止されたのにそれを無視して中に入ったり、立ち入り禁止区域に入っていたところ、立ち退くように言われたにもかからずこれに応じなかったり拒んだりした場合も同様です。

正当な理由があれば処罰はされませんが、どのような理由が正当なものなのかは、その場の状況や社会通念に照らして判断されます。

野次馬根性を出しすぎると、犯罪にまで発展することがある、ということです。

気をつけましょう。

行列に割り込むと犯罪!?


2017年5月28日

行列ができるほど人気のお店がテレビなどで紹介されることがあります。

確かに、それだけの価値があるお店でしょうから並んででも商品をゲットしたい、美味しいものを食べてみたいという人がいるのもわかります。

反対に、行列には絶対に並びたくない、という人もいるでしょう。
その気持ちも、よくわかります。

しかし、わからないのは行列に割り込んでくる人の気持ちです。
少しでも早く買いたい、食べたいという気持ちはわかりますが、どうしたら、みんなが並んでいる行列に割り込むことができるのか?
当然、並んでいる人はムカムカ、イライラすることでしょう。

今回は、そんな人に役に立つ法律を解説します。

「軽犯罪法」
第1条
左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

13 公共の場所において多数の人に対して著しく粗野若しくは乱暴な言動で迷惑をかけ、又は威勢を示して汽車、電車、乗合自動車、船舶その他の公共の乗物、演劇その他の催し若しくは割当物資の配給を待ち、若しくはこれらの乗物若しくは催しの切符を買い、若しくは割当物資の配給に関する証票を得るため待っている公衆の列に割り込み、若しくはその列を乱した者。
軽犯罪法は、軽微な33の秩序違反行為について規定しているもので、その前身は1908(明治41)年に施行された「警察犯処罰令」という法律です。
そのため、条文の内容に時代を感じさせる部分があります。
たとえば、この13号であれば、汽車や乗合自動車、割当物資の配給などですね。
なつかしい昭和の、それも三丁目の夕日的な匂いがします。
それとも、戦後の混乱期の光景でしょうか。

それはさておき、この罪の条文は前半と後半で分けて考えたほうがいでしょう。
ポイントとなるのは次の4点です。

① 公共の場所や乗り物
② 多数の人に対して
③ 著しく粗野もしくは乱暴な言動で迷惑をかける
④ 威勢を示して公衆の列に割り込む

公共の場所や乗り物で、多数の人に対して、著しく粗野もしくは乱暴な言動で迷惑をかける、というのは以前に解説した5号の「粗野・乱暴の罪」と重なる部分があります。

詳しい解説はこちら⇒「暴言を吐くだけで犯罪!?」
http://taniharamakoto.com/archives/2458/

「公共」というのは、国や地方自治体などが所有、管理している場所や施設ということではなく、不特定で、かつ多数の人が自由に出入り、利用できる性質のものをいいます。

「著しく粗野もしくは乱暴な言動」とは、たとえば相手にからんだり、大声を出して周囲の人に迷惑をかけたり、相手を傷つける意思なく物を投げたりというものです。

多数の人に迷惑をかける、ということですので、その時の状況によって判断されるものですが、2、3人では一般的には多数とは言えないでしょう。

次に、とても迷惑な「威勢を示して公衆の列に割り込む」行為についてですが、ここでも公衆の列ですから、2、3人の列では足りず、多数の人が並んでいる列と解釈できます。

また、「威勢」とは辞書によると、人を威圧するような勢い、言語や動作に活気や勢いがあること、とあります。

ということは、無言でススーっと割り込んだり、「すみません…」、「恐縮です…」などと言いながら割り込むような、ちゃっかり行為の場合はこの罪は適用されないということになります。

国によっては行列など関係ない、というところもあるでしょうが、きちんと行列で順番を待つのは日本人の美徳でもあると思います。くれぐれも割り込みはやめましょう。

東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.