東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

気分が乗るのを待ちましょう??

 >気分が乗るのを待ちましょう??

2011年11月15日

シロクマ君とキツネ君は、同じ高校に通っている高校生だ。

来年大学受験を控えている。

キツネ君は、頭はいいが、気分にムラがある。

母親が、「勉強しなさい」と言っても、「今は気分が乗らないんだ。気分が乗らない時に勉強しても、頭に入らないよ。やる気になれば、俺はできるんだから」と言って、昼間はゲームに夢中になっている。

そして、夜9時ころになると、「あっ、そろそろ勉強しないと、やばいな」と思い、焦りから、勉強を始めるのだった。

それでも、成績はそれなりだった。


シロクマ君は、頭はよくないが、努力家だ。


家に帰ると、すぐに教科書を開いて勉強を始める。

母親は、シロクマ君に「帰ったら少し休んだらどうなの?いきなり勉強しても、頭に入らないでしょう」と言うが、シロクマ君は、次のように言った。


「僕にはそんな余裕はないんだ。頭が良くないから、他人より多く勉強しなくちゃならない。気分が乗るのを待ってたら、いつまでたっても他人に勝てないんだよ」

母親は、これを聞いて、何も言えなくなってしまった。


月日が経ち、いよいよ大学受験になった。


誰が受かっただろうか?

キツネ君は、不合格だった。

キツネ君は、「自分はやろうと思えばいつでもできる」と自信満々だった。

しかし、毎日家に帰ると気分が乗らず、ゲームを続け、遅い時間になってようやく勉強を始める始末だったから、勉強時間が足りなかった。

他の人達の勉強時間の増加によって、成績が次第に落ちていった。


シロクマ君は合格した。


シロクマ君は、家に帰るとすぐさま勉強を開始した。大学に合格することが、自分が今すべきであることを知っていたからだ。



女流作家のパール・バックは、こう言っている。


「私は気分が乗るのを待ったりはしない。そんなことをしていては何も達成できないから。とにかく仕事に取りかかるのだという意識が必要なのだ。」


彼女は、愛娘の病気が悪化し、重度の知的障害をもつ子供となり、その世話に追われながら、偉大な作品「大地」を著し、ノーベル賞、ピューリッツァー賞を受賞した。

彼女は、もちろん、自分の気分など待ってはいられなかっただろう。

では、私たちは、自分の気分を待っていていいのだろうか?


それとも、目の前のやるべきことに、今すぐ取りかかるべきだろうか?


答えは、明らかだと思う。

さあ、今すぐ始めよう。


同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.