東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
  • ベッキーさん事件は、不正アクセス禁止法違反か?

    2016年01月29日

    タレントのベッキーさんの不倫騒動、まだまだ止む気配がありませんね。

    【情報漏洩した人が問われる罪とは?】
    今回の騒動、巷やネットでは

    LINEでのやり取りが、どうして流出したのか?
    誰が情報を漏らしたのか?
    その流出方法は?

    ということも話題になっているようです。

    情報提供者は、週刊誌では「音楽関係者」、ネット上ではベッキーさんの不倫相手のミュージシャンの妻など、さまざまな噂が飛び交っていますが、誰であるにせよ、個人情報を流出させた人は

    「不倫アクセス禁止法」

    ではなくて、

    「不正アクセス禁止法」

    違反に問われる可能性があります。

    不正アクセス禁止法は、正式名称を「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」といい、2000(平成12)年2月13日に施行されました。

    同法は、インターネットなどのネットワーク上での通信における不正アクセス行為を禁止し、高度情報通信社会の健全な発展に寄与することを目的としています。

    ところで、「不正アクセス行為」とは、どのような行為をいうのでしょうか?

    許可なく他人のIDとパスワードを使ってインターネットを通じて、LINEやFacebook、Twitterなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やメールシステムなどにアクセスすると…

    これは、明らかに不正アクセス行為であり、犯罪になります。

    「不正アクセス禁止法」

    第3条(不正アクセス行為の禁止)
    何人も、不正アクセス行為をしてはならない。

    これに違反した場合は、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。(第11条)

    また、不正アクセスするために他人のIDやパスワードを取得すると…

    これも、不正アクセス禁止法に抵触します。

    第4条(他人の識別符号を不正に取得する行為の禁止)
    何人も、不正アクセス行為の用に供する目的で、アクセス制御機能に係る他人の識別符号を取得してはならない。

    これに違反した者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金、となります。(第12条1号)

    では、配偶者や恋人、友人などのパソコンやスマホなどを操作して、すでにダウンロードされているメールやプライベートな画像などを「盗み見」すると…

    これは不正アクセス行為とはなりません。

    また、iTunesなどを使ってスマホの情報を直接スマホからパソコンにバックアップするだけでは、不正アクセス行為にはなりません。

    しかし、クローンiPhoneを作って、改めてlineにアクセスし、トークをダウンロードすると、不正アクセス行為となります。

    どこが違うのでしょうか?

    この違いを知るには、「不正アクセス行為」とは何か、を知らなければなりません。

    条文を見てみましょう。

    第2条(定義)
    4.この法律において「不正アクセス行為」とは、次の各号のいずれかに該当する行為をいう。

    一 アクセス制御機能を有する特定電子計算機に電気通信回線を通じて当該アクセス制御機能に係る他人の識別符号を入力して当該特定電子計算機を作動させ、当該アクセス制御機能により制限されている特定利用をし得る状態にさせる行為

     

    つまり、パソコンやスマホなどの「機械」を操作することを禁じているのではなく、インターネットなどの「電気通信回線」を通じて情報を送信するような行為を禁じているわけです。

    条文に、「識別符号(ID、パスワード)を入力して」とありますが、ここでいう「入力」とは物理的入力ではなく、電気通信回線を通じて対象となる特定電子計算機(パソコンやスマホ等)に識別符号を「送信」してアクセスすることを意味します。

    したがって、必ずしも自分の手でパスワードを入力する必要はなく、外部端末から相手のパソコンに接続したり、スマホのLINEを起動させてやり取りをダウンロードしたり、という行為も「送信」に当たり得るため、不正アクセス行為になる可能性があるのです。

    浮気を疑って、相手のメールをチェックする人がいるようですが、メールを盗み見るだけでは不正アクセス禁止法違反にはなりませんが、「メーラー」の「送受信」を押して新しいメールをダウンロードする行為は、不正アクセス禁止法違反になるのです。

    今回の騒動では、どのように情報が流出したのか、その手口も話題になっていますが、法的な観点から見ると、インターネットなど通信回線を通じて他人のコンピュータに不正に接続する行為が罰せられるわけです。

     

    【民事裁判では損害賠償請求が飛び交う事態に発展!?】
    また、民事裁判では、ベッキーさんと相手のミュージシャンは、個人情報を流出させた人に対して「プライバシーの侵害」で慰謝料など損害賠償請求することができる可能性があります。
    さらに、2人の関係が不倫であった場合、ミュージシャンの妻はベッキーさんに対して慰謝料請求することができます。

    さらに、ミュージシャンの妻は、夫に対して離婚請求や慰謝料請求などをすることができるでしょう。

    そうした不貞行為は、「民法」第770条(裁判上の離婚)の1により離婚の原因として認められます。

    第770条(裁判上の離婚)
    1.夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    一 配偶者に不貞な行為があったとき。

    詳しい解説はこちら⇒「不倫相手にいくら慰謝料請求できるか?」
    https://taniharamakoto.com/archives/1666
    まだ真実は明らかになっておりませんが、ベッキーさんの芸能活動にはかなりの打撃になることは間違いありません。

    自分の行動には、全ての場合に、その行動の結果としての責任がつきまといます。

    常に、自分の行動がどのような結果を招くのかを予想しておくことが必要ですね。

  • 他人のフェイスブックに不正アクセスすると逮捕!?

    2015年11月13日

    他人のプライベートを盗み見したくなるのは、人間の性(さが)かもしれません。

    しかし、注意してください!
    見てはいけないものを見てしまうと…犯罪になる可能性があります。

    「不正アクセス:容疑者“写真を見て性的欲求を満たした”」(2015年11月10日 毎日新聞)

    警視庁サイバー犯罪対策課は、不正に入手したIDとパスワードを使って他人のフェイスブック(FB)に侵入したとして、東京都板橋区に住む携帯電話販売会社「光通信」社員の男(25)を不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕しました。

    逮捕容疑は今年1~3月、不正に入手した都内の20代の女性のIDとパスワードを使ったFBへのログインです。
    FBへの不正アクセスを立件するのは、今回が全国初だということです。

    事件の発端は、2014年7月。
    捜査員がサイバーパトロール中、ネットの掲示板にわいせつ画像が公開されているのを発見。
    捜査線上に容疑者の男が浮上したことで、わいせつ図画公然陳列容疑で自宅を家宅捜索。
    すると、パソコンのファイルから大量のIDとパスワードが見つかったため、さらに捜査を進めていたようです。

    今回、男のパソコンからはFBのほか、アップル社のデータ保存サービス「アイクラウド(iCloud)」利用者も合わせて770人以上のIDやパスワード、電話番号などが見つかり、さらには女性の私的な画像が複数保存されていたことから、FBなどに不正にアクセスしてプライベートを「のぞき見」し、入手していたとみているとのことです。

    容疑者の男は、「被害者のプライベートな写真を見て性的欲求を満たしていた」と供述し、容疑を認めているということです。
    夫婦や恋人、親族の間でも、メールやフェイスブックなどに不正にアクセスすれば犯罪になる可能性があります。

    不正にアクセスする、というのは、許可なく他人のIDとパスワードを使ってインターネットを通じてFacebookやメールシステムなどにアクセスすることです。

    これは、犯罪です。

    また、そのような不正アクセスをすることを目的として、他人のIDやパスワードを取得することも犯罪です。

    携帯電話やスマホにダウンロードされたメールを見ても、「不正アクセス」にはなりません。

    「不正アクセス」というくらいですから、インターネットなど通信回線を通じて他人のコンピュータに接続して利用する行為が罰せられます。

    詳しい解説はこちら⇒「アダムとイブと不正アクセス禁止法」
    https://taniharamakoto.com/archives/1326
    「不正アクセス禁止法」
    第3条(不正アクセス行為の禁止)
    何人も、不正アクセス行為をしてはならない。

    第4条(他人の識別符号を不正に取得する行為の禁止)
    何人も、不正アクセス行為の用に供する目的で、アクセス制御機能に係る他人の識別符号を取得してはならない。
    ネットで不正にアクセスすれば3年以下の懲役又は100万円以下の罰金、IDやパスワードを不正に入手すれば1年以下の懲役又は50万円以下の罰金となります。

    近年、不正アクセスは大きな問題になっています。
    個人や、さまざまな業種の企業のサイトに不正にアクセスし、個人情報や企業秘密を奪ったり流出させる事件が相次いでいます。

    2014年には、無料通信アプリのLINE(ライン)のアカウント(IDとパスワード)が不正に乗っ取られる事件が多発したのを記憶している人も多いでしょう。

    詳しい解説はこちら⇒「LINEのアカウントの乗っ取りに要注意」
    https://taniharamakoto.com/archives/1552

    では、これらの被害に遭わないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?
    不正アクセスでは本人が知らない間に被害に遭うケースが多いことを考えれば、まずは自衛対策が大切になります。

    やはり、以前からよく言われているように、
    ・すべてのWebサービスでIDやパスワードを異なるものにして管理する。
    ・生年月日や電話番号など、わかりやすく、個人が特定されやすいものは使わない。
    ・なるべく長いものを使う
    ・パスワード管理ツールを使う
    ・2段階認証やアプリなども併用する。
    などの対策をしておく必要があるでしょう。

    なお、不正アクセス禁止法では以下の項目についても禁止されていますので、合わせて覚えておいてください。

    ・他人のIDやパスワードをアクセス管理者や利用権者以外の者に提供してはいけない。(第5条)
    ・不正に取得した他人のIDやパスワードを保管してはいけない。(第6条)
    ・フィッシング行為などで他人のIDやパスワードを不正に要求してはいけない。(第7条)

    上記すべて、違反した場合は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金となります。

    他人のプライベートの「のぞき見」、相手への復讐、いたずら等、動機はさまざまでも、不正をすれば高い代償を払うことになるということは肝に銘じておいてほしいと思います。

  • LINEのアカウントの乗っ取りに要注意

    2014年07月11日

    昨年から、ストーカーなどのつきまとい行為や淫行、児童買春、児童ポルノ、恐喝など、無料通信アプリのLINE(ライン)がきっかけとなった犯罪や事件が多発しています。

    これまでは、未成年者が被害者になるものが多かったのですが、今年の5月以降、LINEのアカウント(IDとパスワード)が不正に乗っ取られる事件が増えています。

    一体、何が起きているのでしょうか?

    「LINE乗っ取り詐欺被害 滋賀・長浜」(2014年7月5日 京都新聞)

    滋賀県警長浜署は5日、LINE(ライン)での金銭被害が発生したことを受け、詐欺と不正アクセス禁止法違反の疑いで捜査しているということです。

    報道によりますと、滋賀県長浜市内の病院に勤務する男性医師(36)が、無料通信アプリ「LINE(ライン)」のアカウントを乗っ取られ、
    何者かがスマートフォンから偽のメッセージを男性医師の同僚の男性職員(23)と女性看護師(23)に送付。

    「コンビニで電子マネーのプリペイドカードを買うのを手伝ってもらえますか」「買った後にカード番号の写真を送ってほしい」などのメッセージをLINEで受け取った2人は、それぞれ16万円と6万円相当のプリペイドカードを購入し、電子マネーを利用するためのカード番号も伝えたといいます。

    その後、医師がラインを利用できないことに気づき、また同様のメッセージを受けていた他の知人からの指摘でアカウントが不正利用されていることに気づいたようです。

    プリペイドカードの電子マネー22万円分は、すでに全額使用されていたということで、同署は、インターネット上の商品購入の決済などに利用したとみているとのことです。

    じつは、私の知人もすでに何人かアカウントを乗っ取られたとのことで相談を受けました。人ごとではありません。

    まずは、法的に見ていきましょう。

    「不正アクセス禁止法」
    第3条(不正アクセス行為の禁止)
    何人も、不正アクセス行為をしてはならない。

    これに違反した者は、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

    第4条(他人の識別符号を不正に取得する行為の禁止)
    何人も、不正アクセス行為(第2条4項第1号に該当するものに限る。第6条及び第12条第2号において同じ。)の用に供する目的で、アクセス制御機能に係る他人の識別符号を取得してはならない。

    これに違反した者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金、となります。

    「刑法」
    第246条(詐欺)
    1.人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
    2.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

    不正アクセス禁止法に関しては、以前にも解説しています。
    ⇒「アダムとイブと不正アクセス禁止法」
     https://taniharamakoto.com/archives/1326

    今回の事件は、お金をだまし取っているので犯人逮捕となれば詐欺罪が適用される可能性が高いでしょう。

    実際、被害は拡大しているようです。

    「LINE乗っ取り“カード買って”と騙す」(2014年6月20日 読売新聞)

    5月下旬以降、LINE、mixi、ニコニコ動画などの大手サービスで、不正ログインの被害が続発。
    LINEでは、6月20日までに413件の問い合わせがあり、303件で別人による勝手なログイン(乗っ取り)が確認されているとしています。

    乗っ取りの過程を見ていくと、ひとつの流れがあるようです。

    ①同じパスワードを複数のサービスで使用
    ②そのうちのどこかからメールアドレス、パスワードが流出
    ③犯人が他の端末からログインしてパスワードを変更
    ④本人がログインできなくなる
    ⑤友人・知人に偽メッセージを送りつける

    本人のいつもの口調とは違う、しかも不自然な日本語でのお金絡みのメッセージが届いたら要注意です。

    以前からいわれているように、サービスごとにパスワードを別々にしておく、生年月日や電話番号などは使わない、できるだけ長いものにするなど、まず基本的な自衛手段をしておく必要がありますね。

    便利さの代償を払うようなことにならないよう、日頃から危機管理を十分しておくことが大切です。

  • アダムとイブと不正アクセス禁止法

    2014年02月19日


    ダメ!といわれるとやりたくなる、見るな!といわれると見たくなる…

    これは人間という種の悲しい性(さが)かもしれません。

    古今東西、人間は同じ過ちを繰り返してきました。

    2000年以上前の古代に書かれたといわれる「旧約聖書」の『創世記』に登場する、アダムとイブ。

    最初の人間とされる、アダムとイブは禁じられた「善悪の知識の実」を食べてしまったばかりに、楽園から追放されてしまいました。

    一方、現代の2014年2月、サイバー世界のシステムに不正にアクセスして見てはいけないデータを見てしまった男が書類送検されました。

    「東京外大の成績盗み見、男子学生を書類送検 “正当に評価されているか見たかった」(2014年2月10日 産経新聞)

    昨年10月、東京外国語大学の学内システムが不正にアクセスされ、学生の成績が盗み見られた事件で警視庁サイバー犯罪対策課は、同大国際社会学部2年の男子学生(20)を不正アクセス禁止法違反容疑で2月10日、書類送検しました。

    サイバー犯罪対策課によると、男子学生は成績や講義の時間割などを閲覧できる学内の「学務情報システム」を偽装したフィッシングサイトを作成。

    学生222人に「不具合が生じた」とメールを送信しサイトに誘導。入力されたIDとパスワードを自分のメールに転送させていたようです。

    男子学生は、こうして不正に入手した学生55人分のIDとパスワードで同大のシステムに不正にアクセス。

    「自分の成績に不満があった。正当に評価されているか確かめたかった」と容疑を認めているということです。

    サイバー犯罪は近年、大きな問題となっています。

    そこで2000年に施行されたのが「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」(通称、「不正アクセス禁止法」)です。

    許可なく他人のIDとパスワードを使ってインターネットを通じてFacebookやメールシステムなどにアクセスすると犯罪なのです。

    また、そのような不正アクセスをすることを目的として、他人のIDやパスワードを取得することも犯罪です。

    ただ、携帯電話にダウンロードされたメールを見る行為ではありません。「不正アクセス」というくらいですから、インターネットなど通信回線を通じて他人のコンピュータに接続して利用する行為が罰せられます。

    離婚事件などの相談で、配偶者が浮気の証拠をつかもうと、勝手にパスワードを使ってメールを盗み見ている、という相談を受けることがあります。

    なんと、それらのメールが堂々と証拠として提出される場合もあります。

    2013年には、離婚調停中の妻のID、パスワードを使ってメールを盗み見ていた、として、夫が逮捕された事例もあります。

    恋人同士でも、夫婦でも、他人のパスワードを使ってアクセスすると犯罪です。

    禁止されると見たくなる、というのは人間の性かもしれません。

    しかし、鶴の恩返しで、「見ないで欲しい」と言われたのに見てしまった時、鶴はどうなったでしょうか?

    開けてはいけない玉手箱を開けた浦島太郎はどうなったでしょうか?

    いいことありませんね。

    他人のIDとパスワードを使ってアクセスすることは、法律で禁止されているのです。

    決して、見てはいけませんよ。