物事を続けるノウハウ | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

物事を続けるノウハウ

2021年07月12日

メルマガより

今回のYouTube動画は、

「【続ける技術】この2つだけ。これでOK。」

物事を続けられない人、必見です。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/7kP48IF2WCA

さて、

私たちは、ある時、あることを始めようとします。

「よし!毎日30分、瞑想をしよう!」

そして、数日間は続きます。

しかし、ずっと、続く、ということは滅多にありません。

なぜ、続かないか、その理由をじっくり考えたことがあるでしょうか。

「忙しい?」

それは、理由になりません。

「やっぱり効果がなかった」

それは、自己正当化です。イソップの酸っぱいブドウです。

なぜ、続かないか。それには、いくつかの理由があります。

まず、一つ目。

「始めるのが難しい」

日常生活をしていて、突然瞑想に入るのは、なかなか難しいでしょう。

30分の時間を確保し、気持ちを切り替え、モチベーションを上げ、楽な洋服に着替え、静かな部屋や場所に行き、場合によって、音楽をかけ、瞑想に適した姿勢になる、など、はじめの一歩を踏み出すのが難しいためです。

では、二つ目。

「他にやることがある」

いざ、瞑想をしようとしても、家事が残っている、仕事がある、見たかったドラマが録画してある、ゲームが途中だった、など、瞑想よりも楽しかったり、瞑想よりも緊急性が高かったり、というライバルが存在するため、そのライバルの方が勝ってしまい、瞑想が負けてしまうのです。

さらに、三つ目。

「はじめから難度を上げすぎ」

瞑想は、慣れれば1時間、2時間でもできますが、やり始めで30分間行うのは、かなりしんどいはずです。

雑念が湧いてきてイライラしたりもします。

はじめはやる気に満ちているので、ついつい難度が上げて取り組もうとします。

「よし!明日からジョギングを1時間しよう!」

これは、難しいです。

しかし、物事を続ける方法はあります。

しかも科学的に。

その方法をお伝えします。

今まで、物事を続けることができなかった人、挫折したことがある全ての人に見ていただきたいと思います。

YouTubeで解説しました

ぜひ、ご覧ください。

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169