努力は報われない? | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

努力は報われない?

2021年02月09日

メルマガより

「努力は報われる」

こう言うと、

「努力しても報われないこともある」

と反論する人がいます。

当然ですね。努力というのは不明確な言葉です。

「死ぬほど努力した」と言っても、それが1日1時間の努力の人もいれば、1日16時間の人もいるでしょう。

世界のホームラン王である王貞治は、次のように言います。

「努力しても報われないことがあるだろうか。たとえ結果に結びつかなくても、努力したということが必ずや生きてくるのではないだろうか。それでも報われないとしたら、それはまだ、努力とはいえないのではないだろうか」

本人が努力したと感じていても、結果が出ていないのであれば、それは、まだ報われるに値しない努力ではないかと疑う、ということです。

そして、ベートーベンは、次のように言っています。

「努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している」

つまり、努力というのは、成功という結果が保証されているものではなく、結果を得るための資格に過ぎない、ということです。

努力せずに結果を得ることなどない、ということです。

同じように、「思いは実現する」「思考は現実化する」という言葉があります。

この言葉をスピリチュアルにとらえ、「いくら強く思っても実現しなかった」などと反論する人がいます。

ジェームズ・アレンの「原因と結果の法則」を読んで、

「思いが環境を作る、などあり得ない。貧乏な家に生まれた子は、貧乏を望んだのか!」などと反論する人がいます。

しかし、この反論は的外れです。

「原因と結果の法則」には、そんな趣旨のことは書いてありません。

世の中のシンプルな法則が書かれています。

実は、非情に厳しい現実を突きつけてくる本です。

先ほどのベートーベンや王貞治の言葉と同じ趣旨のことが書かれています。

私は、この本の法則に従って、努力を続けています。

一体、「原因と結果の法則」とは、何なのか?

「原因と結果の法則」の読み方について、YouTubeでお伝えします。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/Zdl2tHTbp-s

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169