もう歳だから、と言わない勇気 | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

もう歳だから、と言わない勇気

2021年02月16日

メルマガから。

今回のYouTube動画は、「読書」

間違った読書の仕方をすると、人生を削り取られてしまいます。

大変な損です。

どうしたら、避けることができるのか?

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/dFLMzPy3AEI

あなたは、今、何か始めたいと思っていることがありますか?

あるいは、何か始めたい、と思っていることはありますか?

でも、「もう歳だし」「もう遅すぎる」と思っていますか?

私も五十歳を超えています。

そうなると、どうしても、そう思いがちになります。

しかし、そんな時、私はいつもカーネル・サンダースの話を思い出します。ケンタッキーフライドチキンの創業者です。

知っている人は多いでしょう。

でも、「その話、知ってる」で済ませてしまっては、自分に何の恩恵ももたしません。

批評家になるだけで終わり、自分が成長することはありません。

当時のカーネル・サンダースの置かれた状況に自分を置き換えて、感情移入することによってのみ、自分を奮い立たせることができます。

彼は、ガソリンスタンドの脇で小さなレストランを経営していました。

その地で商売を始めて25年、店は一向に大きくなりません。

このまま生涯を終えるかと思われました。

ところが、お店のある国道から少し離れた場所に、新しいハイウェイができました。

その影響は大きく、レストランの客は激減し、資金繰りが破綻。

店は競売になり、彼は全てを失いました。

その時の年齢は、60歳を超えていました。

最悪の状況です。

「死ぬしかないか・・・・」

この状況を具体的に、自分のこととしてイメージすることが大切です。

しかし、彼は諦めませんでした。

彼は、レストラン経営で作り上げてきたフライドチキンのノウハウでフランチャイズビジネスを展開することを思いつきました。

断られ続けました。誰もが「うまくいかない」「売れるはずがない」と考えたからです。

しかし、彼は、60歳を過ぎた身体で、車に寝泊まりして1000軒を超える店舗を回ったといいます。

その結果、フランチャイズ店舗が増え、瞬く間に世界で1万店を超えるまでになりました。

森ビルの森泰吉郎は、51歳で森ビルを設立して不動産投資を始めるまでは学者だったと言います。

すごい!

マクドナルドを始めたレイ・クロックは、52歳でマクドナルド兄弟とマクドナルドを始めるまでは、ミルクセーキマシンのセールスマンをしていました。

すごい!!

長岡三重子は80歳の時、膝のリハビリのため水泳を始め、その後国内外のマスターズ水泳大会に出場、世界記録を次々に樹立し100歳だった2015年には、女子1500メートル自由形の100~104歳の部で世界で初めて泳ぎ切りました。

すごい!!!

何を始めるにしても、決して遅いことはないと信じます。

今回のメルマガは、自分に宛てて書きました。

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169