東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

弁護士の所得が減少傾向

 >弁護士の所得が減少傾向

2011年11月10日

「弁護士白書2011版」からです。

弁護士全体の所得の平均値・中央値が載っています。

2000年調査では、次のようになっています。

・平均値 1701万円

・中央値 1300万円

・標準偏差 2106万円

2010年調査では、次のようになっています。

・平均値 1471万円

・中央値 959万円

・標準偏差 1873万円

※中央値とは、回答を大きさの順に並べた時、全体の中央にくる値。
※標準偏差とは、平均値を中心として、データがどの程度散らばっているかを表す値。


10年間で、弁護士の所得が減少ていることがわかります。

この傾向は、今後も続くことでしょう。

もちろん、一部の弁護士は大変高額の所得を得ていますが、最近の弁護士増加にともない若手弁護士が増えていますので、低所得の若手弁護士が増えた結果、といえるかもしれません。

同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.