ロシアの要求をなぜのめないか | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

ロシアの要求をなぜのめないか

2022年03月22日

今回のYouTube動画は、

【誰でもわかる地政学】世界情勢と各国の戦略が面白い!パワー!

ロシアはなぜウクライナに侵攻したのか?

地図からわかります。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/oKbNUS_DoGY

さて、

ロシアとウクライナの戦争が長期化の様相を呈しています。

停戦のための会談も行われていますが、なかなか解決がつきません。

ロシアは、ウクライナに対し、

・中立化

・非武装化

を要求しています。

このうち、非武装化は、ウクライナとしては、絶対にのんではいけない要求です。

なぜなら、この要求をのむと、将来ロシアの属国化となる危険があるためです。

これは、江戸時代初期の大阪冬の陣、夏の陣を考えてみればわかるでしょう。

徳川家康は、江戸幕府を開いたものの、大阪にいる豊臣秀頼がいる限り、幕府安泰とはいいがたいと考えていました。

そこで、豊臣氏滅亡のため、言いがかりをつけて、大阪城を攻めます。

大阪冬の陣です。

しかし、大阪城は外堀があって守りが固く、攻め落とせません。

そこで、家康は、停戦協定を結んで、大阪城の外堀を埋めてしまいました。

そして、翌年、再び大阪城を攻めました。

大阪夏の陣です。

今度は、外堀がなく、あえなく大阪城は攻め落とされて、豊臣氏は滅亡してしまいました。

今、ウクライナは、武装し、ロシア軍に抵抗しています。そのため、なかなかウクライナを攻め落とすことができないでいます。

ここで、ウクライナが、とにかく戦争を終わらせたくてロシアの要求をのみ、非武装化した場合には、どうなるでしょうか。

将来、ロシアが侵攻してきた際に、抵抗することができず、NATOに加盟していないことからNATO軍は出動することができず、あえなく攻め落とされてしまうでしょう。

そのため、非武装化の要求はのむことができないということになります。

このように、歴史を知ると、世界情勢を自分なりに分析することができるようになりますが、もうひとつ、地図によっても世界情勢を自分なりに分析できるようになります。

それが地政学の知識です。

You Tubeで解説しました。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/oKbNUS_DoGY

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169