会話を続けるテクニック | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

会話を続けるテクニック

2021年11月15日

メルマガより

今回のYouTube動画は、

【会話が続く】雑談を続けられない時は●●を引き出す!10万部著者が解説。

他人と2人でいて、沈黙ほど辛いものはありません。

なんとか場をつなぎたい。

でも、何も思い浮かばない。

そんな気持ち、もうなくなります。

会話を続けるテクニックです。

You Tubeで解説しました。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/aA5HcoIC2A8

さて、

私は雑談が苦手です。

特に話したいことがないためです。

可能であれば、必要なことだけ話したいです。

でも、社会生活を営んでいると、そういうわけにもいきません。

雑談をして、人間関係を作っていく必要があります。

そのために、私は、雑談が苦手であっても、雑談をする方法を考えました。

雑談をする際にも、私は、質問力を多用します。

質問をし、相手から情報を引き出し、それを広げていく、という方法です。

質問をすれば、相手はとにかく質問に答えてくれます。

沈黙を破ることができる、ということです。

そして、言葉のキャッチボールの中で、会話が終わりそうな時、質問をすると、会話が終わるのを防いでくれます。

相手が質問に答えてくれるからです。

これは、相手を主役にして、雑談を続ける方法です。

今回、ご紹介するのは、この方法とは違います。

雑談の本質から、会話を続けるためのテクニックです。

そのためには、相手の●●を引き出し、自分の●●を伝える、ということがポイントでした。

誰とでも会話を15分以上続ける方法。

You Tubeで解説しました。

ご覧ください。

https://youtu.be/aA5HcoIC2A8

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169