話を聞いてもらう方法 | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

話を聞いてもらう方法

2021年04月06日

メルマガより

今回のYouTube動画は、

「【交渉・説得の極意】話すより聞くことの重要性。」

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/I9kEjZ87WDw

さて、

相手に聞いてもらいたい話があるのに、聞いてもらえない、という経験をしたことがありますか?

また、交渉や説得の際に、相手が全然こちらの話を聞いてくれない、という経験をしたことがありますか?

話し合いをしている時に、相手が話を聞いてくれないので、「ちょっと最後まで聞いて下さい」と発言したことがありますか?

おそらくあるでしょう。

意見が対立しているから聞いてくれない、ということもあれば、もともと全然他人の話を聞かない人、という場合もあるでしょう。

そんなときは、困ってしまいます。

諦めますか?

できれば、諦める前に一つの方法をチャレンジしてみましょう。

話をする前に、相手にこう言ってみましょう。

「ちょっとアドバイスをもらいたい件があるのですが、聞いてもらえますか?」

「あなたの意見を聞きたいのですが、聞いてもらえますか?」

そうすると、話を聞いてもらえる可能性が高まります。

もし、相手が反対意見を持っているから聞いてくれない、ということであれば、話を聞いた上で、その見解がなぜ間違っているか、あなたを説得するために聞いてくれるでしょう。

もし、相手がもともと全然他人の話を聞かない人なのであれば、自分の認識、自分の考えに閉じこもっているからであり、自分の話を聞きたい、と言ってきている人に対しては、自分の考えを話すために、話を聞いてくれるでしょう。

北風と太陽ではありませんが、嫌がっている人に、無理に何かをさせようとしても、抵抗される可能性が高いものです。

こんな話があります。

男が子牛を小屋に入れようとしていたが、いくら体を押しても牛は足を踏ん張って動こうとしなかった。

そこで、息子にも手伝ってもらい、前から引っ張ってもらったが、ダメだった。

見かねた女中が来て、自分の指を子牛の口にふくませ、優しく子牛を小屋の中に誘導して行った。

男と息子は、口を開けてその様子を眺めていた。

自ら進んで話を聞いてもらうには、どうしたらいいか、考えることが大切だと思います。

ところで、交渉・説得においては、相手の話を聞くことがとても大切です。

その理由をご存じですか?

YouTubeで解説しました。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/I9kEjZ87WDw