やり抜く力 | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

やり抜く力

2021年03月19日

メルマガより。

今回のYouTube動画は、「必ず成功する方法」。

世の中の成功者がいかに「諦めない力」を持っているか。

身にしみて感じます。

元気をもらいましょう。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/rDF6Iea0MxU

物事を成し遂げるための重要な要素に、

・才能

・やり抜く力

があると思います。

私たちは、成功者を見る時、「ああ、才能があっていいなあ」と思いがちです。

なぜでしょうか。

努力を評価するよりも、才能を評価した方が自尊心が傷つかないためです。

成功者と自分を比較すると、劣等感を感じ、自尊心が傷つきます。

成功の原因が「努力」とするならば、「努力をすれば成功できるのに、努力をしていない自分」を感じ、また自尊心が傷つきます。

そのため、自己正当化するために、成功の要因を才能に求めてしまう、ということです。

「GRIT やりぬく力」(アンジェラ・ダックワース)によると、アメリカの陸軍士官学校で行われた実験では、過酷な訓練に耐えきる人の特性は、入学試験の成績は全く関係がなく、「情熱と粘り強さ」であった、と結論づけられています。

また、ハーバード大学で行った実験では、ランニングマシーンで走らせる実験を行い、その後の人生でどれだけ成功したか、を追跡したところ、「学生時代にランニングマシーンでどれだけ走ったかを見れば、その後の人生における成果を正確に予測できる」と結論づけています。

「やり抜く力」が人生において、いかに大きな力を持っているか、ということです。

確かに、私も弁護士を27年間やってきて、色々な人を見てきました。

仕事一つとっても、

・「この程度でいいや」

・ちょっとやってみて、「やっぱりだめだったか」と諦める

という人と

最後まで諦めずにやり抜く人

とでは、一つ一つの仕事で少しずつ差がついていき、何年もたつと、大きな差となって明暗が分かれる、ということがわかりました。

諦めそうになった時、「もう1回やってみよう」「もう少しだけやってみよう」とチャレンジし、それでもダメだった時「もう1回だけやってみよう」と最後まで諦めない力が重要なのだと思います。

そこで、世の中の成功者は、どの程度のレベルでやり抜いているのかを調べ、YouTubeで解説しました。

https://youtu.be/rDF6Iea0MxU

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169