自分ができることに集中する | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

自分ができることに集中する

2011年04月24日

男は、今日も畑に出た。

前の晩に少し酒を飲み過ぎたため、寝坊した。

太陽は、すでに高く昇っている。

男が今日すべきことは、雑草を刈ることだ。

太陽が照りつける中、男は雑草を刈る。

ひたすらに。

次第に太陽が傾いてきたが、まだ半分も終わっていない。

明日は明日の仕事がある。

雑草刈りは、今日中に終わらせなくてはならない。

「このままじゃ終わらない」

男はイライラした。

「なぜこんなに日が沈むのが早いのだ」

ついに男は、太陽に向かって叫んだ。

「雑草を刈り終わるまで沈まないでくれー!」

しかし、太陽は、そんな男の叫びを聞いていないかのように、静かに地平線に沈んでいった。

男はふてくされて、持っていた鎌を放り出し、新しく現れた月を見ながら、ひそかに持ってきた酒を飲み出した。

「こんなに日が短くなければ、仕事が終わったのに・・・」

太陽は人間にはコントロールすることができない。

コントロールできないことにイライラしたり、悩んだりしても仕方ない。

どう対処するかが問題だ。

たとえば、自分の出生を恨んでも仕方ない。もう生まれたのだから。

どう生きるかが問題だ。

私たち弁護士で言うと、司法改革により、弁護士人口が増大している。

反対運動をするのはいいが、個人の力では制度自体を変えたりすることはできない。

イライラしたり、悩んだりしても仕方ない。

その中で、どう生きてゆくかが問題だ。

物語の男は、太陽に対してイライラしたり、悩んだりしても仕方ない。

自分でコントロールできることに集中すべきだ。

その日に雑草を刈り終わらなければならないならば、朝早く家を出るべきだ。

飲み過ぎて遅刻すると思えば、前の晩、酒を控えるべきだし、早く寝るべきだ。

自分でコントロールできることに集中すれば、自分でコントロールできないことに対してイライラしたり、悩んだりすることがなくなるだろう。