東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

貧困女子から大富豪になれるか!?

2012年02月22日


「フライデー」2012年3月23日号によると、今は単身女性の3分の1は手取り125万円以下ということです。

「貧困女子」というそうです。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32064

月10万円程度ということですが、本当なのでしょうか!?

どうやって生活を!?

これでは生活するだけで精一杯で、お金を増やすことなどできないでしょう。


と思った時、「バビロンの大富豪」(ジョージ・S・クレイソン著)を思い出しました。


バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか/ジョージ・S・クレイソン

¥1,575
Amazon.co.jp


この本は、仕事で稼いだ金をどうすれば蓄えとして残し、さらに財として築いていけるのかを説明しています。

そのためには、「お金を稼いだら、その一部を必ず取り分けておき、それが自ら増殖するように仕組みを作っておく」という原則に従うことです。

しかし、月10万円の収入では無理では!?

それでも、本書では、必ず原則に従うようにすすめます。

本書の中にも、貧しい中で、原則に従い、冨を気づいた人の物語が書かれています。

現実に実行できるかどうかが問題です。

はたして貧困女子の中から、大富豪が現れるのだろうか。