東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

交通事故の謝罪は必要か?

 >交通事故の謝罪は必要か?

2013年4月21日

交通事故による死亡者は、年々減少傾向にあります。

警察庁発表のデータで見ると、その傾向は顕著にわかります。

2012年の死亡事故者数は、4,411人。

2001年が8,747人ですから、この約10年間で約半分に減少したことになります。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/materials/?mn=0000109475

交通事故による負傷者数も、半分とは言わないまでも、順調に減少してきています。

交通事故の被害者側の弁護をしていると、様々な相談を受けますが、やはり、死亡事故のご遺族からの相談がもっとも悲痛なものとなります。

脊髄損傷や頭部外傷により、一生寝たきりになってしまう事例も悲惨ですが、命があるだけまだ希望があります。

しかし、死亡事故は、被害者の命を一瞬にしてこの世から消し去ってしまいます。

しかも怨恨などとは無関係で、何の落ち度もない一人の人間の命を、「よそ見」などの原因によって消し去ってしまうのです。

交通事故の事件の場合、被害者側と加害者側によって、見方が全く異なります。

被害者は、事故の「結果」を見ます。つまり、死亡事故の場合には、「死亡」という結果を見るために、とても重く受け止めます。「親族を殺された」と同じように考えるご遺族が多くいます。

反対に加害者は、「過程」を見ます。「死亡」という結果を重く受け止める加害者もいますが、多くの事例を見ていると、それよりも、「過程」、つまり、「ちょっと脇見をしたという過失だけだ」と、事故を軽く見る傾向があるように感じます。

「過程」を重視するために、「自分はたいして悪くない」と思い込んでしまうのです。

その結果、被害者に謝罪すらしない加害者が多くいます。

そうすると、被害者側も感情的なしこりが残り、民事の損害賠償事件も解決が困難になっていきます。

事故自体は減少しているものの、まだこの世からの根絶にはほど遠いものがあります。

車を運転される方は、くれぐれも気をつけていただきたいと思います。

そして、万が一の不注意により事故を起こしてしまった場合には、被害者あるいはそのご遺族に対して、謝罪を尽くしていただきたいと思います。

同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.