東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

犬を助ける少年

 >犬を助ける少年

2011年2月19日

野良犬が、自転車にはねられて、右後ろ足を骨折した。

痛々しそうで、歩くのもやっとの状態だった。

1人の少年が、その犬が雨露をしのぐのも大変だとうと思い、小屋を作ってやった。

そんな足では、餌も捕れないだろうと思い、自分の食事を分け与えてやった。

その少年は、裕福な家ではない。むしろ貧しいほうだ。

だから、自分に分け与えられたわずかの食料から、その犬に餌として分け与えてやっていたのだ。

その少年は、空腹を我慢するために、草木まで食べてその犬の面倒を看た。

周りの人は、なぜ少年が、自分を犠牲にしてまでその犬の面倒を看るのか、不思議だった。


あるとき、その少年に聞いてみた。

「なぜ、それほどまでして、その犬の面倒を看るの?」


少年は、何も答えなかった。

そして、黙って自分の右足のズボンの裾をまくった。


その右足は、義足だった。


その少年は、自分の足が不自由であるがゆえに、足の不自由さで、どれほど苦労するかを痛いほど知っていたのだ。

だから、犬ができるだけ苦労しないように、面倒を看ていたのだった。


今、東北地方の人達は、東北地方太平洋沖地震の後、家がなく、食料がなく、衣料がなく、苦しんでいる。



この物語の少年のように、私たちは、彼らがどれほど苦しんでいるか、自分に置き換えて、わかるだろうか。


彼らには支援が必要だ。


どんな支援が必要か、彼らが置かれた状況で、よく考えてみたい。

同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.