東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

謝るタイミングとは?

 >謝るタイミングとは?

2011年9月15日


キツネ君はサル君と海に出かけて、1日海水浴などして、たっぷり遊んだ。

キツネ君が帰りに自分の財布を見ると、1万円足りなかった。

キツネ君は、自分が海で泳いでいる間に、サル君が財布から1万円抜き取ったのではないかと疑った。

この日は2人で遊んでいたので、他には考えられなかったからだ。

キツネ君は言った。

「サル君、僕の財布から1万円盗んだだろう。返してくれよ」

サル君「そんなことしないよ。よく探してみたら?」

キツネ君「よく探したよ。なんてひどいことをするんだ?見損なったよ。早く返してくれよ」

サル君「僕じゃないって。信じてくれよ」

そんな押し問答が続き、結局サル君は盗みを認めないまま、2人は別れた。

キツネ君が家に帰ると、ズボンのポケットの中に1万円が見つかった。

財布から離れることが予想されたので、念のために財布とは別にズボンのポケットに1万円だけ入れておいたのだ。

キツネ君は、サル君を疑ってしまったことを後悔した。本来ならすぐに謝らなければならないところだが、あれだけ言ってしまった手前、なかなかサル君に謝ることができなかった。

その事件以来、キツネ君とサル君は疎遠になってしまった。

それから5年が経つが、キツネ君は、サル君にひどいことを言ってしまったままであることが、ずっと心に引っかかっていた。

キツネ君は、そのことをシロクマ君に相談すると、シロクマ君は言った。

「それだったら、今からでもいいから、すぐサル君に謝った方がいいよ。それでキツネ君は後悔の呪縛から解放されるはずだし、サル君だって気にしているかもしれないよ」

キツネ君は、意を決してサル君を訪ねた。

すると、サル君の母親が出てきて、言った。

「サルは、去年亡くなったのよ。生前、キツネ君は元気かなあ、とよく言っていたよ。昔は仲が良かったのに、突然疎遠になってしまったからねえ」

キツネ君は、自分はなんてバカだったのか、と改めて思った。


謝罪は、タイミングを逃すと、時間の経過とともにできなくなってしまう。しかし、謝らないうちは、ずっとそれを引きずることになる。後悔の呪縛から解放されることはない。たとえ時間が経っていても、キツネ君のように、手遅れにならないうちに、今すぐ相手に連絡して、謝ってしまおう。


同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.