東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

歩道は安全か!?

2012年02月20日

歩道を歩いていて、道ばたの建物が工事中で足場が組んである時、

「倒れてこないか」

「落ちてこないか」

と心配になり、上を見ながら足早になってしまいます。

今まで、倒れたことは、ありませんが・・・

そんな心配が現実化した事故が起きました。

3月19日午後、埼玉県東松山市で、マンションの外壁の工事用の鉄製の足場が倒れ、近くを歩いていた保育園児らの列に直撃し、6歳の園児が死亡、別の6歳の園児が、左足首を骨折するなどの重傷を負いました。

事故当時、現場に作業員はいなかったということで、警察は足場が強風で倒れた可能性もあるとみて事故原因を調べているということです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4981475.html

亡くなった園児のご冥福をお祈りします。

強風で倒れたといっても、予想もできないほどの強風ではないでしょう。

足場の組み方に問題があった可能性があります。

そうなると、業務上過失致死傷罪の可能性もあります。

法定刑は、5年以下の懲役・禁錮・100万円以下の罰金です。

刑事事件だけではなく、足場の組み方に問題があった場合には、民事の損害賠償の問題にもなります。

現場作業員及び、その現場作業員が勤務する会社などに損害賠償責任が発生する可能性があります。


警察においては、このような事故が二度と起こらないように、事故原因をしっかり調査していただきたいと思います。

そうでないと、安心して工事現場の近くを通れません。(>_<)