東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

上司に嫌われたら?

 >上司に嫌われたら?

2013年9月12日

上司から小さな失敗について厳しく叱責されるなど、ほかの社員と扱いが明らかに異なっている状況に、「なぜ、あの人は私だけにあんなに辛く当たるのか」「私は嫌われているのではないか」と悩むことがあります。

もちろん、その原因が上司の人格的問題にある場合もあるでしょう。

しかし、上司について云々する前に、まず考えなくてはならないことがあります。

それは、そもそも自分が上司を嫌っているのではないかということ。

そして上司が自分を嫌っているのは、その反射なのではないかということです。

「鏡の法則」、あるいは「悪意の返報性の原理」と呼ばれる心理法則があります。

簡単に言えば、人は自分のことが好きな人は好きになり、嫌いな人は嫌いになる傾向があるということです。

「確かに私も上司のことが嫌いだけど、それはあっちが嫌っているからなんだ」という声が聞こえてきそうです。

しかし時間的にどちらが先か、という問題はともかく、「相手が嫌っている」ということを、自己正当化に使っている限り、問題は解決しないでしょう。

この問題の解決方法は、「自分からその上司に好意を持ってみる」ということになりますが、そもそも嫌いな上司を好きになることは非常に難しいものです。

それでは、まずその上司のよいところを5つ見つけるということを課題としてみるのはどうでしょうか。

そのあと、上司の尊敬できるところ、自分よりも優れているところも5つ見つけます。

見つけられましたか?

これで少し嫌いな感情が薄らいできましたね。

良いところ、優れたところが見つかったら、自分が抱くその上司の嫌なところと比べてみてください。

ここで気づくことは、良いところと嫌いなところは、同じことを両面からみた関係になっている場合が多いことです。

「頑固なやつだ」と嫌に思っていたら、実は「首尾一貫して意志が固い」ことが良いところだったり、「優柔不断だ」と思っていたら「とても柔軟な思考の持ち主だ」ということもあるものです。

この関係に気づいたら、今までの悪意が好意によって解消されていきます。

自分の気持が変われば、上司の関係も少しずつ変わっていくかもしれません。

大切なことは、自分のできることに集中すること。

相手のせいにしていたら、いつまでたっても良い関係にはならないでしょう。


その方法論をまとめてみました。

私の新刊です。

世の中から、人付き合いの悩みがなくなることを願い、書き下ろしました。


「図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方」(角川書店)
http://www.amazon.co.jp/dp/404110565X/

同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.