現在バイアス | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

現在バイアス

2022年09月05日

こんにちは。

弁護士の谷原誠です。

今回のYouTube動画は、

【交渉術】時間を味方につけて有利に交渉。10万部著者が解説。

交渉において、時間はとても大きな力を持っています。

時間を自由に使いこなせれば交渉も有利になります。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/pB86W02EnUI

さて、

次のどちらかを選んでください。

(1)今、10万円もらう。
(2)1週間後に10万1000円もらう。

この場合、多くの人が(1)を選びます。

(2)は、1週間で1%の金利という非常に有利な取引であるにもかかわらずです。

では、次のどちらかを選んでください。

(1)1年後に10万円もらう。
(2)1年と1週間後に10万1000円もらう。

この場合、多くの人が(2)を選びます。

同じ1週間に1%という金利であるにもかかわらず、なぜ、このような結果になるのでしょうか。

これは、行動経済学で「現在バイアス」と言います。

遠い将来よりも目の前にあるものの方を過大に評価してしまう人間の傾向です。

小学校の時、夏休み前は、夏休みの宿題を夏休みの前半にやろうと決意しました。

ところが、夏休みが終わってみると、夏休みの終わりギリギリに宿題をやっていました。

これも、現在バイアスにより、遊びの方を重視してしまい、宿題を先延ばししていた、というものです。

このように、私達は、時間の経過に大きな影響を受けています。

交渉でも、前半は大きな主張の違いがぶつかり合っていても、交渉期限が近づいてくると、お互いが譲歩してうまくまとまってしまうことがあります。

この交渉期限を自分でコントロールできれば、交渉力が格段に向上します。

その方法を、

You Tubeで解説しました。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/pB86W02EnUI

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169