有効な交渉ツール | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

有効な交渉ツール

2021年08月16日

メルマガより

今回のYouTube動画は、

【交渉術】ピンチを救う3ステップの説得術。10万部著者が解説。

ピンチに陥った時、大きな効果のある交渉術です。

拳銃を頭に突きつけられて、

「早まるな」

などと言っても無駄です。

では、どうするか?

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/NP0UJY5AJnM

さて、

世の中に心理学に基づく交渉ツールはたくさんあります。

たとえば、「返報性の法則」。

はじめに多くを要求し、少しずつ譲歩することによって、相手の譲歩を引き出して合意を取り付けるテクニック。

しかし、交渉慣れしていると、すぐに意図を見抜かれてしまいます。

「ああ、そういうことね」

たとえば、「一貫性の法則」。

はじめに小さな要求をして合意を取り付け、次第に大きな要求をしていく方法。

これも、交渉慣れしていると、自分の心理がこの後どうなりそうか、想定できますので、それを前提として、小さな要求に合意するかどうか、決断します。

したがって、心理テクニックが効果を発揮しません。

たとえば、「社会的証明」。

「みんな取り入れてますよ」

「それが、私にどんな関係にありますか?」

このように、ちょっとした心理テクニックというものは、知らない人には効果的ですが、それをよく知っている人には効果が薄いものです。

それよりも、目に見えない交渉ツールの方を憶えましょう。

操作している印象を与えないので、効果的です。

たとえば、こんな方法があります。

YouTubeで解説しました。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/NP0UJY5AJnM

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169