自分を変える質問 | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は50冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

自分を変える質問

2021年05月24日

メルマガより

今回のYouTube動画は、

「質問することで人生を変える方法」

です。

質問の仕方によって答え方が変わります。

では、自分に対する質問を変えると?

人生が変わります。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/LDNilfw-Hts

さて、

2人の木こりがいました。

ある日、1人目の木こりは、山に着いて、こう思いました。

「今日も、こんなに木を切らないといけないのか。このさび付いた斧で作業を終わらせるには、何時間かかるんだろう。手のひらのまめをつぶさないようにするには、どうしたらいいだろうか。」

そこで、木こりは、軍手をして、木を切り始め、8時間後、作業を終えて家路につくことができました。

2人目の木こりは、山に着いて、こう思いました。

「今日も、こんなに木を切らないといけないのか。どうすれば、1本1本の木を早く切り倒すことができるだろうか?」

木こりは、考えた結果、まずはさび付いた斧を研ぐことにしました。

そして、1時間かけて斧を研ぎ、4時間で、全ての作業を終えることができました。

2人の木こりは、どこに違いがあったのでしょうか。

それは、自分に対する質問の仕方が違う、ということです。

1人目の木こりは、さび付いた斧で木を切り倒すことを前提として、手にまめができない方法を考えるよう自分に質問しました。

2人目の木こりは、さび付いた斧を前提とせず、そもそもの目的である木を切り倒すことにフォーカスして、自分に質問しました。

自分に対する質問によって、考える内容が違ってきます。

普段、私たちが頭で考えることというのは、自分で自分に質問をし、その答えを探している作業であると言ってもいいでしょう。

私は、自分に対する質問によって人生が変わりました。

あなたにも、いい方向で変わって欲しいと思います。

自分に対する質問の絶大な力について、動画で解説しました。

ぜひ、ご覧ください。

https://youtu.be/LDNilfw-Hts

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169