ネガティブ思考の排除 | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に関わる難しい法律をわかりやすく解説〜
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。
メニュー
みらい総合法律事務所
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階
弁護士20人以上が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は30冊以上あります。
TV出演、取材、出版、研修、セミナー講師を受け付けています。

ネガティブ思考の排除

2020年12月15日

メルマガより。

今回のYouTube動画は、

「こんな質問をすると、相手から好かれます。

好意の驚異的な威力」

ということで、お伝えします。

ギネスのセールスパーソンが経験した
好意の力による感動的なエピソードも
紹介しています。

ぜひ、ご覧ください。
https://youtu.be/jQDN3BPeRyA

さて、

今回は、ネガティブに考えてしまう人のための記事です。

ポジティブ思考がいい。

それは、わかっている。

でも、どうしてもネガティブな考えが浮かんできてしまうんだ。

それは、仕方ない。

自然と湧いてきてしまうものだから。

そんな人のための記事です。

ネガティブ思考にも、思考の癖があります。

「いつ大地震がくるかわからない。不安だ」というような漠然とした不安に悩まされている人。

他の人と比較して、自分が劣っていると感じ、落ち込んでしまう人。

自分が期待していたことと現実が違って、落胆したり、怒りがわいたりしてしまう人。

ネガティブ思考を根本的に治すには、癖ごとに違ったアプローチが必要です。

しかし、ふと湧いたネガティブ思考を打ち消すには、統一した方法もあります。

それは、「外力」を利用する方法です。

反対に、ネガティブに考えられない時のことを思い浮かべてみましょう。

・猛烈に忙しく、他のことなど考えられない時

・映画やゲームなどに熱中している時

・筋トレなど、全集中しないと実行できない時

つまり、ネガティブ思考は、暇で脳に余裕がある時に湧いてくる、ということです。

だから、何らかの外的刺激によって、脳の隙間を埋めれば、ネガティブ思考を排除することができます。

短時間でもいいので、全集中したり、熱中したりできるものを探しましょう。

そうすれば、一旦、ネガティブな思考を脳から排除できます。

そして、ネガティブ思考が湧いてきた時は、その行動をするようにしましょう。

自分の力でネガティブ思考を排除していくには、トレーニングが必要です。

まずは、外力に頼ってネガティブ思考を排除し、あわせてポジティブ思考のトレーニングを積んでいくのが良いと思います。

そして、そのような外力を使うには、そのために時間を作り出すことが必要となってきます。

その時は、この本で!

「超多忙な弁護士が教える時間を増やす思考法」(フォレスト出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/486680100X/ 

メルマガ登録は、こちら。
https://www.mag2.com/m/0000143169