東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

武部氏の立証責任

 >武部氏の立証責任

2006年2月18日

ライブドアの堀江氏が自民党武部幹事長の二男に対し、3,000万円を振り込むようメールで指示したという調査結果について、衆院予算委員会が紛糾しています。

民主党側は、自民党には、この点について説明責任があると主張したのに対し、自民党側は、「立証責任は民主党にある」と反論し、立証を求めています。

争点は、2つ。
(1)堀江氏が、そのような指示をしたかどうか。
(2)堀江氏の指示に基づき、お金が振り込まれたかどうか。

(1)については、武部氏が「そのような話はない。」と言えば、民主党側が、指示があったことを証明しなければなりません。

(2)については、いつ、誰の、どの通帳に、どういう名義で振り込まれたかを特定しなければ武部氏も反論のしようがありませんので、やはり民主党側が、それらを特定し、かつ証拠を示す必要があります。

民主党側は「証明に応じたら、武部氏らの参考人招致を認めるのか」と再反論しているようですが、自民党の答えは、当然「ノー」でしょう。「証明に応じたら」では、どの程度の証明か明確になっていないので、ちょっと何か証拠を出しただけで、「証明に応じた、応じない」の争いに発展するだけです。

「証明に成功したら」という条件であれば、どうか。証明に成功したら、武部氏が参考人招致をされるのは当然です。そんなことを約束しても仕方ありません。

捜査機関の協力なしに民主党がこれ以上立証してゆくのはなかなか難しいのではないでしょうか。

現役弁護士が徹底分析! 映画『交渉人真下正義』の交渉術

TOEIC900点 正統派の英語勉強法

TOEIC920点 医師の英語勉強法


同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.