東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

新人弁護士の年収減少

 >新人弁護士の年収減少

2008年2月22日

日本弁護士連合会(日弁連)の調査によると、新人弁護士の年収が減少傾向にあるそうです。

調査結果によると、新人弁護士の平均年収(2006年)は、次のとおり。

600万円台  59・62%
500万円台  14・56%

2007年は、次のとおり。

600万円台  36・15%
500万円台  27・1%
出来高払い  7・85%

平均年収ということですが、新人からいきなり独立する方はほとんどいない(できない)ので、給与とほぼイコールだと思います。

私の事務所では、今のところ新人弁護士の給与を下げていませんが、マクロ的には、給与は需給で決まりますので、今後も司法試験の合格者が増えれば、それに伴い平均給与は下がってゆくでしょう。

聞いた話では、年間給与300万円でも働きたいという新人弁護士もいるそうです。厳しい時代になってまいりました。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法


同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.