東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

川口園児交通事故で5年求刑

 >川口園児交通事故で5年求刑

2007年2月3日

2006年9月に起きた、埼玉県川口市の保育園児4人が死亡した交通事故の加害者(38)の公判が、2007年3月2日に開かれ、検察側から、懲役5年の求刑がされました。

罪名は業務上過失致死傷罪(刑法211条)ですが、同条は、以下のとおりです。

「業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。」

つまり、今回は、業務上過失致死傷罪の最高刑が求刑されたのです。おそらく判決でも懲役5年の判決がなされるのではないでしょうか。

4人の何の罪もない保育園児が死亡した結果を惹起して、懲役5年が最高の刑というのは軽いと思います。同時に10人の命が絶たれたとしても、やはり最高刑は、懲役5年なのです。

法務省は、このたび、自動車による過失致死傷罪の最高刑を7年とする改正案をまとめています。

他の犯罪の刑罰との兼ね合いもありますが、もう少し最高刑を引き上げた上で、事案に応じた柔軟な運用をするほうが良いと考えます。

交通事故被害者のための損害賠償交渉術


同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.