東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

留置場内で覚醒剤使用?

 >留置場内で覚醒剤使用?

2011年7月12日



防ぎようがあるだろうか。

オーストリア国籍の男(49)が、83個のビニール袋に小分けした覚醒剤約800グラムをのみ込んで体内に隠し持ち、フランスから密輸したそうだ。

その後、男が逮捕され、警察署の留置場に勾留されたが、その際、留置場内で覚醒剤1個分を排泄し、留置場内で鼻から吸引して使用したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110812-00000534-yom-soci

さすがに体内までは調べないだろうから、この方法で密輸されたら現状では防ぐのが難しいかもしれない。


ただ、密輸後覚醒剤を売る前には、覚醒剤を排泄することになるだろう。

それを説明したら、買う人はまずいまい。叫び

同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.