東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

出会い系サイトの「サクラ」がバレた?

 >出会い系サイトの「サクラ」がバレた?

2011年7月23日


出会い系サイトでの「サクラ」は、違法であり、サイト利用料その他約597万円を支払え。

そんな判決が、さいたま地裁で出されました。

訴えたのは、埼玉県春日部市の女性(31)。

この女性は、約1年4ヶ月で、この出会い系サイトに対し、543万6000円を支払ったそうです。

女性は、出会い系サイト上で、会員になりすました「サクラ」と頻繁にメールをやりとりし、そのメールのやりとりの都度課金されることにより、約1年4ヶ月で約543万円を支払ったそうです。

判決では、「交信相手が直接のやりとりに応じずサイト上でのやりとりを求め、ポイントの追加購入に動いたことは、サクラであることを示している」と指摘。その上で「高額なサイト利用料を徴収した点などから違法行為に当たる」と認定しました。

http://tinyurl.com/3zmprn7

女性は、メールをやりとりしているのが会員である男性で、その男性との出会いを求めて出会い系サイトを利用しています。

ところが、相手をしている男性は、会員になりすました「サクラ」だったとするならば、会員である女性を騙していることになります。

相手の男性が会員ではなく「サクラ」だと知っていれば、決してお金を払わないでしょう。その意味で、詐欺的な行為であると言え、返還請求が可能となります。

なお、出会い系サイト側は控訴したそうですので、まだ確定したわけではありません。


ところで、実演販売等でも「サクラ」がいて、拍手をしたり、買うふりをして客の購買行動を後押しすることがありますが、この「サクラ」も違法でしょうか。

この場合も、確かに他の客にしてみれば、「ああ、他の人が感動して拍手してるし、良い商品だと思って買っている。きっと良い商品に違いない」と誤解を生じさせるという意味では騙していると言えるでしょう。

しかし、いくら他の人が評価したと言っても、買うかどうかを決めるのは、あくまで本人。「サクラ」は購買行動を後押ししたに過ぎません。

「サクラが拍手したり、買うふりをしたりしなければ、決して買わなかった」とは言えないでしょう。

実演販売で「サクラ」を使うことは、販売方法としては不適切だと思いますが、法的に返還請求ができるか、と言えば、難しいのではないかと思います。


同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.