東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

目標と代償の密接な関係

 >目標と代償の密接な関係

2011年9月18日

メルマガ「弁護士がこっそり教える絶対に負けない議論の奥義」より~



「あなたは、今、何か目標がありますか?」


大きな目標でも、小さな目標でも結構です。


「1億稼ぐ」

でもいいです。

「TOEICで900点取る」

「ダイエットで5キロ痩せる」

でもいいです。


次の質問です。


「あなたは、その目標を達成するための代償として、何を差し出し
ますか? 」


「1億稼ぐ」であれば、遊んでいたら無理でしょうから、遊ぶ時間
を代償として差し出し、猛烈にアイデアを出し、工夫し、積極的に
リスクを取り、そして働かなければならないでしょう。


「TOEICで900点取る」ためには、勉強時間が必要です。

900点取るためには、だいたい何時間勉強する必要があるでしょうか?

それを試験の日までに確保するためには、毎日何時間必要でしょうか?

その時間を確保するためには、今時間を使っている何を諦めなけれ
ばならないでしょうか?

それを諦めてまでも、TOEICで900点取るのですか?


最後の質問にイエスと答えられないならば、やめた方がよいかもし
れません。



このように、何かを得ようとすると、その反対で、必ず何かを失う
ようにできていると思います。

失うものは自分にとって大切である場合もあるし、不要な場合もあ
ります。

しかし、必ず何かを失うことになるでしょう。


ですから、目標を設定し、それに向かって動き出す前に、この質問
をしなければなりません。



「あなたは、その目標を達成するための代償として、何を差し出しますか?」



それを解決してから、目標に向かって邁進しましょう。


つねによい目的を失わずに努力を続ければ、最後には必ず報われる(ゲーテ)



同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.