東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

犯人を匿うと犯罪です。

 >犯人を匿うと犯罪です。

2011年9月26日

「神世界」の霊感商法事件で、神奈川県警の元警視が犯人蔵匿罪の容疑で逮捕されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110925-00000068-mailo-l14

ニュースによると、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で教主に逮捕状が出てから1ヶ月ほど、教主の所在が不明になってしまっていましたが、それは、元警視が指示して大阪市内のマンションに教主を匿っていたからだ、とのことです。

犯人隠避罪(刑法103条)
罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を蔵匿し、又は隠避させた者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。



蔵匿というのは、場所を提供して匿うこと、隠避とは、蔵匿以外の方法により警察などによる発見・身柄の拘束を免れさせることです。


親しい人が犯罪を犯したことを知った場合、なんとか逮捕を免れさせようとして、自宅に匿ったり、隠れ家を提供したりしたくなるのは人の情かもしれませんが、そんなことをすると、自分自身が犯人蔵匿・隠避罪にとわれますし、何より本人のためになりません。

注意してください。


同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.