東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

いたずらが犯罪になる場合とは?

 >いたずらが犯罪になる場合とは?

2014年4月20日

子供のいたずらに、「ピンポンダッシュ」がありますね。

昔、一度はやったことがある、という人もいるのではないでしょうか。

「ピンポンダッシュ」というのは、用もないのに、他人の家の玄関の呼び鈴を「ピンポーン」と鳴らして、ダッシュで逃げる、というものです。

場合によっては住居侵入罪などが成立するのですが・・・。


ところで、「いたずら」で済ませられる範囲のものであれば、子供のしたことだからと許されもしますが、20歳を過ぎた大人が、いたずらでは済まされない危険な「悪ノリ」「悪ふざけ」をやらかして、こともあろうに、インターネットの生中継で発信していたという事件が起きました。

「コーヒー点に爆竹投入、ネットに生中継 危険行為に怒りの声」(2014年4月8日 FNNフジニュースネットワーク)

報道によると、事件が起きたのは4月4日午後10時半すぎ。名古屋市内にあるコーヒー店に、2人の男が爆竹を投げ込み、その一部始終をインターネットの投稿サイト「ニコニコ動画」で生中継していました。

男たちは、生中継の中で、「そろそろ、ショータイムといきましょうか」、
「入れたら、俺、ダッシュで逃げるから」、などと話しながら、爆竹の導火線に火をつけ、入口から店内に投げ入れると脱兎のごとく逃げ出し、「テロだと思ってるだろうね、たぶん、お客さん」などと話していたということです。

動画を観た視聴者から批判が相次ぎ、男たちは5日、愛知県警中署に自首。投稿サイトには、他にも同様の「悪ノリ」動画が掲載されていたようです。

2人の男は、ともに20代。幸いお客さんにケガはなかったようですが、警察は、威力業務妨害罪などで書類送検する方針とのことです。

近年、動画投稿サイト「You Tube」や、「ツイッター」などのSNSの発達にともなって、いたずらというには度が過ぎる、悪ふざけを撮影した動画や画像を投稿する「悪さ自慢」による事件が相次いでいます。

「神大生らUSJで大暴れ ボート転覆、乗り物から飛び降り…学生処分へ」(2013年4月9日 産経ニュースWEST)

神戸大や同志社大の学生が、大阪市にあるテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)で、ボートをわざと転覆させてアトラクションを運休させる、乗り物から飛び降りるなどの迷惑行為をしたり、アトラクションで身を乗り出して柱にぶつかり、手首の骨を骨折したと虚偽の内容を投稿サイト「ツイッター」に投稿するなどを繰り返した。ネットでは批判が相次ぎ、たびたび炎上。問題の学生は、ネットの書き込みや虚偽の投稿に対して、「人と違うことがしたかった」などと説明していたが、USJは大阪府警に被害届を提出。学生らは、威力業務妨害容疑などで書類送検された。


「東京、大阪、博多で殺人予告 動画投稿の17歳逮捕」(2013年6月21日 産経ニュース)

インターネット動画投稿サイト「You Tube」で、東京、大阪、博多での無差別殺人を予告して鉄道会社の業務を妨害したとして、警視庁少年事件課は、東京都練馬区の無職少年(17)を威力業務妨害容疑で逮捕した。
少年は、「殺人予告1」などと題した動画を投稿し、「6月14日に東京、大阪、博多駅のいずれかで無差別で人を殺害する」と予告。西武新宿線新宿駅の職員らに駅構内を巡回させ、業務を妨害した疑い。少年は他にも、大阪などでスマートフォンで撮影した計5本の殺人予告動画を投稿。平成23年2月にも、インターネット掲示板で、新宿駅での無差別殺人を予告して同容疑で逮捕、医療少年院に送致されていた。

他にも、昨年の8月、大阪で「ポリゲー」と称してウソの通報などをして、警察に追われることをゲームのように楽しんでいた15~16歳の少年8人が、交番で消火器を噴射し威力業務妨害容疑で逮捕されたという事件も起きています。


ところで、「威力業務妨害罪」とは、どのような犯罪でしょうか。条文を見てみましょう。

「刑法」第234条(威力業務妨害)
威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。

前条とは、第233条(信用毀損及び業務妨害)のことで、これを犯すと、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金を科せられます。

動画にアップしたら面白い、人気が出たら、さらにアクセスを増やしたいという安易な考えで投稿し、視聴者にもあおられて、「自分はスゴイ」「他人とは違う」という自尊心を満足させるため、どんどん内容が過激になった結果、犯罪行為に走る、というパターンが増えています。

確かに私たちは日々、面白いことを探していますが、人がいやがること、迷惑なことをしているのを見ると、面白いよりも、嫌悪の情を催します。
今回の事件のような行為をする人たちは、一般の感覚とずれているとしか言えません。

彼らは、いたずらのつもりで、犯罪とは思っていないのではないでしょうが、楽しむことと、他人に迷惑をかけることは全然違います。悪質なマナー違反は法律で罰せられる、という認識をきちんと持つことが大切です。

コーヒーショップだろうと、スーパーや学校や官公庁だろうと、他人の業務を邪魔したり、妨害したりすると、犯罪になる可能性があります。

「自分はスゴイ」「他人とは違う」「自分は重要な人物である」というような自尊心は、他人の迷惑にならない範囲内で、むしろ他人の役に立つ方向で満足させることが大切ですね。

たとえば、今すぐできる例で言うと、自分の自宅から半径50メートルくらいの範囲の道路を、毎朝ゴミを拾って掃除してまわれば、近所の人は、「あの人はスゴイ」「他人とは違う」と一気に評価が上がるでしょう。

そして、周りの評価が上がると、もう変なイタズラもできなくなります。

自分の人生を方向づけるのは、自分の行動であることを認識したいところです。

東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.