東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所
弁護士24人が所属するみらい総合法律事務所の代表パートナーです。
テレビ出演などもしており、著書は約30冊あります。
TV出演、取材、執筆、研修、セミナー講師を受け付けていますので、ご連絡ください。
会話を制する質問力
ブログ内検索

弁護士法律解説 リーガルアイ

 

将棋における決断力

 >将棋における決断力

2012年6月24日

決断力 (角川oneテーマ21)/羽生 善治

¥720
Amazon.co.jp

羽生善治氏は、1970年、埼玉県生まれ。

中学3年生で四段でプロになり、1996年には、「将棋界始まって以来の七冠達成」として日本中の話題となりました。

タイトルは「決断力」ですが、内容は、決断力にスポットを当てたものではなく、羽生氏の将棋に対する考え方を綴ったものです。

将棋は、一手一手交互に指します。

一度指したら、後戻りできません。

つまり、やり直しがきかないということです。

将棋は決断の連続です。

決断した後、後悔しても意味がありません。

人生と同じですね。

2つの手に絞り込んだあと、必ず一手を選択しなければなりません。

選択したら、後は、その道を歩き続けなければなりません。

人生においても、たとえばA社に就職するか、B社に就職するかという選択肢に絞り込んだら、どちらかを選択しなければなりません。

A社に就職してから、B社に転職する、という道もあるかもしれませんが、A社を退職するときには、「B社に転職するか、起業するか、大学に戻るか」という選択肢になっているかもしれず、やはりどれかを選択しなければなりません。

羽生氏は言います。

「直感の7割は正しい」

では、直感で決めるか?

直感で決めるのもいいですが、やはり迷ってしまいますね。


どれが正しいかは、後になってみないとわかりません。

後になってもわからないかもしれません。


結局、一度決断したら、その決断に責任を持つ覚悟が重要ですね。



同じテーマの最新記事
東京都千代田区麹町2丁目3番麹町プレイス2階 みらい総合法律事務所



Copyright© 2013 弁護士谷原誠のブログ All Rights Reserved.